読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲学のプロムナード(ΦωΦ)黒猫堂

推理小説やSFのレビュー・書評・ネタバレ解説・考察などをやっています。時々創作小説の広報や近況報告もします。

映画 『貞子3D2』 レビュー

貞子3D2

娘の凪を生んだ後、鮎川茜は死亡し、安藤孝則(瀬戸康史)は妹の楓子(瀧本美織)に娘を託して身を潜める。世間では謎の死亡事件が頻発し、捜査が進むうちにそれが5年前の「呪いの動画」事件に関係することが明らかに。やがて楓子はそれらの死が凪の周辺で起きていることに気付き、過去の事件を調べ始めるのだが……。

精力的なメディアミックス展開なども評判を呼び、大ヒットを記録したJホラー『貞子3D』の第2弾。原作者の鈴木光司書き下ろしで、新たな貞子の子にまつわる呪いの連鎖の恐怖を3Dで映し出す。前作同様英勉が監督を務め、テレビドラマ「GTO」シリーズなどの瀧本美織がヒロインを熱演。彼女の兄を、『ランウェイ☆ビート』などの瀬戸康史が演じている。映画史上初となるスマホアプリ連動の「スマ4D」により、恐怖倍増の新感覚に侵食される。

 

 

レビュー

予告してた貞子3D2のレビュー。

貞子3D2 2Dバージョン & スマ4Dってもうわけがわからないよねw

 

今回は貞子3Dの続編に当たるもの。

前回の一作目はトンデモホラーで(笑)、まるでゾンビ映画のような有り様だったのだけれど、今回はそれと比べると大いにまともに作られていた気がする。

原作のリングシリーズとは全く違うストーリーになっていて、原作はかなり面白くなってきている。それに合わせて映画も新作を出しているようだから、たぶん3作目もあると思う。

ただくれぐれも言っておくけれど、原作と映画はもはや全くの別作品。原作は「世界」とか「次元」とかそういうレベルの一種の「戦い」のようになってきているので、SFに近い。

映画としてはもうモンスターものに近い流れで三作目も作るのだと思う。これはこれで、まあ別の楽しみ方をするのがいいんじゃないかな。

今回に関してはちょっとしたミステリー仕立てのようなところもあって前回よりはかなりマシなホラーになっている。

ネタバレの感想はこの下にちょっと書きます。

貞子3D 2Dバージョン(本編DVD)

貞子3D 2Dバージョン(本編DVD)

 

 

ここからネタバレ

 

 

 

 

 今回の見所は間違いなく「凪」だよね。

実は原作でも、この凪が登場するんだけれど、原作ではまだまだ謎が残る。

映画では凪は悪い存在ではない。犯人だと思わせるミスリードに使われるという……w ただ普通の人間ではないんだけれどね。

まあ貞子的な存在が最後の最後で出てくるわけで、どうやら次作で決着がつきそうだね。山本裕典演じる柏田清司の動きも何かあるかも。

まあ僕としてはぜひとも原作のリング→らせん→ループ→エス→タイドを読んでいただきたい。バースデイってのも4作目にあるんだけど、新シリーズの邪魔になるので新シリーズが終わってからでもいいかもしれない。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする
哲学のプロムナード(ΦωΦ)黒猫堂はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。