哲学のプロムナード(ΦωΦ)黒猫堂

推理小説やSFのレビュー・書評・ネタバレ解説・考察などをやっています。時々創作小説の広報や近況報告もします。

【MOZU原作】逢坂剛『幻の翼(百舌シリーズ2)』レビュー

著者 : 逢坂剛
発売日 : 2014-03-25

 

かつて、能登の断崖に消えた“百舌”は復讐を誓い、北朝鮮工作員として、日本に潜入した──。稜徳会病院で起きた大量殺人事件は、明確な理由もなく突然の捜査打ち切りが発表され、背後に政治的な陰謀がからんでいるのではと、取り沙汰されていた。捜査に当った倉木尚武警視は、大杉良太警部補、明星美希部長刑事などと共に闇に葬られようとする陰謀を執拗に追う。息もつかせぬサスペンス長編小説。

 

・レビュー

 

1作目の『百舌の叫ぶ夜』でプツリと切れるようにして終わったから、そのまま2作目の『幻の翼』を読んだ人が多いんじゃないかな。あらすじがまず1作目のネタバレで申し訳ないんだけれど、今回は1作目の『百舌の叫ぶ夜』で起きた事件の結末というか後日談のような物語。と言っても凄まじいことが起きるんだけれど……。

中身はまんま1作目の続きで、ここから読み始めてもなんのこっちゃわからない。気になるのは、トリックに関して。ドラマ版でどう描くのかが楽しみだ。

正直、前編にわたって1作目のネタバレなのでちっとも書くことが無かったりする(笑)

ただスッキリ終わるというか、1作目だけで終わらせるより、今回も一気に読んでしまって決着を着けるのがいいとは思う。でももしかしたら未読の3作目でまた今回の話引っ張るのかもしれない。

3作目も続けて読んで確かめたい(追記:読了しレビューを書きました→逢坂剛『砕かれた鍵(百舌シリーズ3)』レビュー/後半でネタバレ考察あり - 哲学のプロムナード(ΦωΦ)黒猫堂)。ドラマ化も期待!

今回はネタバレコメントはなしで。

気になる人は前回の

逢坂剛『百舌の叫ぶ夜(百舌シリーズ1)』ドラマ『MOZU』との比較レビュー(ネタバレなし)/ドラマ予想(ネタバレあり) - 哲学のプロムナード(ΦωΦ)黒猫堂

もどうぞ。

 

百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ) (集英社文庫)
 
幻の翼 (百舌シリーズ) (集英社文庫)

幻の翼 (百舌シリーズ) (集英社文庫)

 
砕かれた鍵 (百舌シリーズ) (集英社文庫)

砕かれた鍵 (百舌シリーズ) (集英社文庫)

 

 

広告を非表示にする
哲学のプロムナード(ΦωΦ)黒猫堂はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。