読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲学のプロムナード(ΦωΦ)黒猫堂

推理小説やSFのレビュー・書評・ネタバレ解説・考察などをやっています。時々創作小説の広報や近況報告もします。

乾くるみ『イニシエーション・ラブ』レビュー

著者 : 乾くるみ
発売日 : 2007-04-10

 

僕がマユに出会ったのは代打で出た合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて……。「必ず2回読みたくなる」と評された驚愕のミステリー

 

・レビュー

 

「最後から2行」で物語は豹変する。

強いて言えば、背表紙にこの文句が書いてあることが少々面白みを欠いているとも言えるが、騙されまいとして読まない限りはその驚きは体感できると思う。

 

ミステリと書かれているがミステリではない。恋愛小説を媒体とした些か変わった物語。内容は全編に渡って退屈だが、最後の2行のために我慢するといった感じだった。

新鮮ではあるので一応おすすめは出来る。

広告を非表示にする
哲学のプロムナード(ΦωΦ)黒猫堂はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。