哲学のプロムナード(ΦωΦ)黒猫堂

推理小説やSFのレビュー・書評・ネタバレ解説・考察などをやっています。時々創作小説の広報や近況報告もします。

城平京『名探偵に薔薇を』レビュー

怪文書『メルヘン小人地獄』がマスコミ各社に届いた。その創作童話ではハンナ、ニコラス、フローラが順々に殺される。やがて、メルヘンをなぞったように血祭りにあげられた死体が発見され、現場には「ハンナはつるそう」の文字が……。不敵な犯人に立ち向かう、名探偵の推理は如何に? 第八回鮎川哲也賞最終候補作、文庫オリジナル刊行。

・レビュー

この作品に関しては賛否両論ありそうではあるが、個人的には傑作であると評価したい。
推理小説としても完成度が高く、読者がそうそう予想できないであろう展開も面白い。
また、キャラクターの使い方も上手く、「名探偵」という文字を見て読者のイメージする「名探偵」を登場させながら、その心理状況にも触れている。
名探偵であるからこそ背負うものというものに焦点を当てていて、ラストの場面は印象的。
広告を非表示にする
哲学のプロムナード(ΦωΦ)黒猫堂はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。