哲学のプロムナード(ΦωΦ)黒猫堂

推理小説やSFのレビュー・書評・ネタバレ解説・考察などをやっています。時々創作小説の広報や近況報告もします。

ミステリ・推理小説

京極夏彦 『絡新婦の理』 レビュー

文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫) 作者: 京極夏彦 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2002/09/05 メディア: 文庫 購入: 7人 クリック: 116回 この商品を含むブログ (145件) を見る 当然、僕の動きも読み込まれているのだろうな―二つの事件は京極堂をしてかく言…

小林泰三『アリス殺し』レビュー

アリス殺し (創元クライム・クラブ) 著者 : 小林泰三 東京創元社 発売日 : 2013-09-20 ブクログでレビューを見る» 複数の人間が夢で共有する〈不思議の国〉で次々起きる異様な殺人と、現実世界で起きる不審死。驚愕の真相にあなたも必ず騙される。鬼才が贈る…

夢野久作 『ドグラ・マグラ』 レビュー

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫) 作者: 夢野久作 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 1976/10 メディア: 文庫 購入: 49人 クリック: 1,605回 この商品を含むブログ (382件) を見る ドグラ・マグラ (下) (角川文庫) 作者: 夢野久作 出版社/メーカー: 角川書店…

貫井徳郎 『北天の馬たち』 レビュー

北天の馬たち (単行本) 著者 : 貫井徳郎 角川書店 発売日 : 2013-10-19 ブクログでレビューを見る» 毅志は、横浜の馬車道近くで、母親と共に喫茶店「ペガサス」を営んでいる。ある日、空室だった「ペガサス」の2階に、皆藤と山南というふたりの男が探偵事務…

福田和代 『怪物』 レビュー (ネタバレ無し)

怪物 著者 : 福田和代 集英社 発売日 : 2011-06-03 ブクログでレビューを見る» 内容(「BOOK」データベースより)定年間近の刑事・香西の心残りは3か月前に時効を迎えた未解決の幼女誘拐殺人事件。すでに主軸から外されている香西は、失踪者・橋爪の足取りを…

京極夏彦 『鉄鼠の檻』 レビュー

文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫) 京極夏彦 講談社 発売日:2001-09-06 ブクログでレビューを見る» 内容(「BOOK」データベースより)忽然と出現した修行僧の屍、山中駆ける振袖の童女、埋没した「経蔵」…。箱根に起きる奇怪な事象に魅入られた者―骨董屋・今川…

我孫子武丸『殺戮にいたる病』 レビュー

殺戮にいたる病 (講談社文庫) 我孫子武丸 講談社 発売日:1996-11-14 ブクログでレビューを見る» 犯人の名前は蒲生稔。衝撃のサイコスリラ-何ものかに憑かれたように、次々と猟奇的殺人を重ねる男、蒲生稔。恐るべき殺人者の心の軌跡をたどり、とらえようの…

貫井徳郎 『神のふたつの貌』レビュー

神のふたつの貌 (文春文庫) 貫井徳郎 文藝春秋 発売日:2004-05 ブクログでレビューを見る» ―神の声が聞きたい。牧師の息子に生まれ、一途に神の存在を求める少年・早乙女。彼が歩む神へと到る道は、同時におのれの手を血に染める殺人者への道だった。三幕の…

東野圭吾『仮面山荘殺人事件』 レビュー

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫) 東野圭吾 講談社 発売日:1995-03-07 ブクログでレビューを見る» 八人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた八人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、つい…

綾辻行人 『十角館の殺人』 レビュー

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫) 綾辻行人 講談社 発売日:2007-10-16 ブクログでレビューを見る» 十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やが…

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』 レビュー

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫) 伊坂幸太郎 東京創元社 発売日:2006-12-21 ブクログでレビューを見る» 【第25回吉川英治文学新人賞受賞】「一緒に本屋を襲わないか」大学入学のため引越してきた途端、悪魔めいた長身の美青年から書店強盗を持ち…

道尾秀介『向日葵の咲かない夏』レビュー

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫) 道尾秀介 新潮社 発売日:2008-07-29 ブクログでレビューを見る» 夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、…

坂口安吾『不連続殺人事件』レビュー

不連続殺人事件 (角川文庫) 坂口安吾 角川書店 発売日:2006-10 ブクログでレビューを見る» *殆ど問題は無さそうだが、ヒントになってしまうかもしれないので念のためネタバレにチェックを入れました。戦後間もないある夏、詩人・歌川一馬の招待で、山奥の…

城平京『名探偵に薔薇を』レビュー

名探偵に薔薇を (創元推理文庫) 著者 : 城平京 東京創元社 発売日 : 1998-07 ブクログでレビューを見る» 怪文書『メルヘン小人地獄』がマスコミ各社に届いた。その創作童話ではハンナ、ニコラス、フローラが順々に殺される。やがて、メルヘンをなぞったよう…

乾くるみ『イニシエーション・ラブ』レビュー

イニシエーション・ラブ (文春文庫) 著者 : 乾くるみ 文藝春秋 発売日 : 2007-04-10 ブクログでレビューを見る» 僕がマユに出会ったのは代打で出た合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて……。「必ず2回読みたくなる」と評された驚愕のミステリー ・レビュー 「…

哲学のプロムナード(ΦωΦ)黒猫堂はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。